花くるりんがお出迎え♪やまぐちフラワーランド E-Mail
住所:山口県柳井市新庄500-1 電話:0820-24-1187 FAX:0820-23-2411
TOPニュース入園案内庭 園イベント団体プラン施設案内アクセスレストラン花マーケット温室売店定期教室山口県花き振興センター見学ツアー協賛店

豊かな自然にはぐくまれた山口の花の産地と花職人をご紹介します。

やまぐち花職人

※こちらは県内花職人の紹介です。直接の販売は行っておりません。ご了承ください。


2011/12/30
中川 昌彦さん(下関市)

 地図

【場所】下関市菊川町
【面積】約2,000坪
【作目】シクラメン・カーネーション・サイネリア等の鉢花、苗物
【年間出荷量】シクラメン・カーネーション・サイネリア各5,000鉢、苗物20万ポット

一年を通じて、さまざまな種類の花が咲き乱れる豊浦ナーセリー。自然豊かな森の中で、家族和気あいあいとシクラメンを中心とした鉢花、また四季折々の苗物を育てる花職人、中川昌彦さんを訪ねました。

 

 ●オンリーワンの「香りシクラメン」

12月、豊浦ナーセリーはシクラメンの出荷で大忙し。ハウスに入ると、ほんのり穏やかな花の香りが漂ってきました。これは不思議。通常シクラメンには香りがないはず。実は豊浦ナーセリーでは、中川さんの奥様が香りのするシクラメンの育種に力を入れており、全国にも珍しい「香りシクラメン」を生産しています。
「原種のシクラメンには香りがあったんですが、品種改良によってその香りは失われてしまいました。そこで父が香りのある株の交配を重ね、妻がこのシクラメンを復活させたんです」

 ●視覚で、臭覚で、触覚で感じる、花は嗜好品

花に顔を近づけると、何だか甘酸っぱい香りがします。「目が見えない方にね、とても喜ばれたんですよ。花は目で楽しむだけのものじゃないんだって、改めて感じました」と、中川さんが香りシクラメンにまつわるエピソードを話してくれました。確かに、花は色形が重視されがちですが、香りだって大事な要素。
また、世話をしながら長く楽しむ鉢花は、育てる喜びも味わうことができます。中川さんの言う「花は嗜好品」の意味がすっと胸に落ちました。

 ●販売経験を生かして

農業大学校を卒業後園芸店に就職し、結婚を機に7年前から奥様の家業に携わるようになった中川さん。生産の世界に入ってみて初めてわかることが、たくさんありました。「花は商品、売れるか売れないかが勝負だと思っていた販売員時代は、とにかく見た目重視の価値観でしたが、商品としては見えない部分、土や根が大事なんだということがよくわかりました」。
 そこで、庭先販売も行う中川さんは、花をただ売るのではなく、花ごとの特性や上手な育て方をわかりやすく消費者に伝え、美しい花をより長く楽しんでもらえるように心掛けています。また、消費者と直接対話することで、求めの声に応える生産も意識しているそうです。

 ●微生物の力で土を元気に

そんな中川さんのこだわりは「土」。花の良し悪しはすべて土にかかっていると言います。そのポイントは、微生物の力で土の元気を取り戻すこと。1年の時間をかけてじっくりとつくるオリジナルの自家製堆肥を配合して、病気に強い、抵抗力のある土を育てます。
「土さえ良ければ、何でもある程度は育ちます。土が元気なら、花も元気。ただ、その当たり前がなかなか難しいんですけどね」と笑う中川さん。でも、農薬散布をあまりしなくて済むのは、豊浦ナーセリーの土が元気な証拠ですよね。

 ●客じゃなく「ファン」を増やしたい

「種まきから商品になるまでのすべてのプロセスに携われるのがこの仕事の大きな魅力」と話す中川さん。園芸店の販売員から生産者へ転身したことで、見た目だけでなく、消費者にウソのない商品づくりをしたいと思うようになりました。
 質の良い鉢花を提供するのはもちろんのこと、出荷後、販売後も販売者や消費者とのコミュニケーションを大事にして、長く付き合っていけるファンを増やしたいというのが目標です。生産者と販売者、消費者の橋渡し役、中川さんならきっと実現できますね!

| コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (2550)
このエントリのトラックバックURL
http://www.flowerland.or.jp/modules/weblog7/weblog-tb.php/7
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
イベントカレンダー
前月2017年 5月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
●イベントインフォメーション
●園内見どころマップ
●フォトギャラリー
●フラワーランドだより